今見ているページ > ロト6(ロトシックス)の癖とは...

ロト6の癖とは...

数字選択式宝くじ「ロト6(ロトシックス)」の癖とは、前回と同じ数字が出たり、前々回と同じ数字が出たり、前回の前後の数字(前回が34なら、33や35)が出たりすることです。

癖1
(※画像をクリックすると、拡大します)

この他にも、前回のボーナス数字が出たり、同一周期で同じ数字が出たりするなど色々な癖があります。

癖2
(※画像をクリックすると、拡大します)

こういった癖はその時々で結構ありますので、最新の過去100回の出目表を眺めて研究してみるといいかと思います。

ロト6過去100回の出目表

ロト6は43個の数字中、本数字6個+ボーナス数字1個なので、それなりにバラける場合もありますが、結構クセ通りに出ることも多いです。

ちなみに、ロト7の場合は、37個の数字中、本数字7個+ボーナス数字2個なので、ロト6よりも癖は出やすいです。

ロト6を購入する際、思い浮かんだ好きな数字を選んだり、コンピューター任せのクイックピックを使うのもありだとは思いますが、長らく出現していない数字などもありますので、全くの直感より、色付きの出目表を見てから、数字を決めるほうが当たる確率は上がるのではないかと思います。

色付きの出目表を研究して、最近の傾向を割り出し、高額当籤につなげてみてください。


お問い合わせは、deshio18★yahoo.co.jpまでお願いします。(★を@に変えてください)

新ロト66
▲トップに戻る